広告業界の基礎知識

これって高すぎ?安すぎ?広告代理店の平均給与について調査!

広告代理店の平均給与は

一般的に高額と言われる広告代理店の給与。

一概に『いくら』とは言えませんが、平均的な金額として下記の通りです。

但し、平均給与は、地域(東京と地方では大きく異なります)
経験年数、役職、企業規模などによって大きく変わりますので、
以下は、東京の広告代理手の一般的な目安として参考にしてください。

 

広告代理店の平均給与

 

  1. 新卒入社時の初任給:
    新卒入社時の初任給は、一般的に月給20万円〜30万円程度です。
    ただし、企業規模や業界状況によっては、これよりも高い場合や低い場合もあります。
  2. 中堅社員:
    経験年数が5年から10年程度の中堅社員の平均給与は、月給30万円〜50万円程度となります。
    この金額も、役職や担当業務、実績によって変動します。
  3. 管理職:
    管理職になると、役職手当や賞与なども含めて、月給50万円以上になることが一般的です。
    ただし、この金額も企業規模や業績によって異なります。
  4. 役員クラス:
    役員クラスの給与は、上記管理職までの給与と異なり、企業の業績や規模に大きく依存します。
    月給100万円以上が支給されることもありますが、この金額は企業や個人の状況によって大きく変動します。

上記給与は平均的な目安です。
個々の実情によって異なるため、
具体的な給与情報は求人情報や企業のウェブサイト、業界情報などを参考にすることで詳しく知ることが可能です。

また、広告代理店への就職・転職を検討している方は給与だけでなく、
福利厚生や労働環境、キャリアアップの機会の有無なども考慮して選ぶことが重要です。

 

では、次に、大手広告代理店と中小の広告代理店での給料の違いについて説明します。

大手広告代理店と中小広告代理店の給与の違い

大手広告代理店と中小広告代理店での給与には違いがあると思っていいでしょう。

大手広告代理店は規模が大きく、社員数も多く安定した業績を保っている可能性が高い為、
給与や福利厚生が充実していることが一般的です。
初任給や昇給率、賞与なども安定して中小広告代理店よりも高い傾向があります。

一方、中小広告代理店は、
規模が小さく、業績や財務状況によって給与水準が大きく変動することがあります。
コロナなどの不足の事態の影響もダイレクトに受けます。

その為、大手広告代理店と比較すると、給与が低い場合があります。
福利厚生も充実していない企業が多く存在します。

ただし、中小広告代理店の中には、成長著しい企業や独自の福利厚生が充実している企業も存在します。

福利厚生に関しても、個々の実情によって異なるため、
具体的な給与情報は求人情報や企業のウェブサイト、業界情報などを参考にすることで詳しく知ることが可能です。

広告代理店の給与のまとめ

広告代理店の給与も近年大きく変わってきています。
青天井だった接待交際費やタクシー代も昔の話し。
今では非常にシビアになってきています。

給与は働く環境やキャリアアップの機会、
仕事のやりがいなどと同様に重要な要素の一つですが、必ずしも最優先事項ではありません。

大手広告代理店では、
多様な業界やクライアントと関わる機会が多く、幅広い知識やスキルを磨くことができますが、
競争が激しくプレッシャーも大きい場合があります。

中小広告代理店では、
規模が小さいため、クライアントの規模も大きくありませんが、
よりダイレクトにクライアントと関わる可能性もあります。
そのことは、責任感を持って仕事に取り組むことへとつながります。

また、組織が小さくフラットであることが多いため、
意思決定のスピードが速く、自分の意見やアイデアが反映されやすい環境があります。

給与や福利厚生だけでなく、働く環境や自分のキャリア目標、働き方に合った企業を選ぶことが重要になってきます。

自分の目標とする働き方、キャリアアップの設定などを総合的に検討し、
自分に合った企業を選ぶことが大切です。

 

広告代理店は就職先・転職先として魅力的か?はこちら!

 

関連記事

  1. 『アイドマの法則』と『アイサスの法則』とは

  2. 広告代理店の仕事はきついか?

  3. “広告代理店の労働環境: ブラックなのか?”

  4. “メディアミックス”から”クロスメ…

  5. 広告代理店の売上ランキング

  6. デジタル時代のマーケティング戦略とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP