広告豆知識

アルファ世代からシルバー世代まで: マーケティング用語完全ガイド

最近、マーケティングや広告業界では、ターゲットとなる顧客層をより詳細に区別し理解するため、
新しい用語が続々と登場しています。

かつては、F1(女性、20代前半)、M1(男性、20代前半)のような単純な分類が一般的でしたが、
消費行動や価値観の多様化に伴い、より細分化された世代区分が必要とされるようになったのです。

本日は、Z世代やミレニアル世代など、最新の世代区分から伝統的な世代区分まで解説してみます。

 

最近の世代用語の増加について

デジタルの普及に伴い、広告業界では、ターゲット顧客を理解し、効果的なコミュニケーションを図るために、
より詳細な世代区分が求められています。

これは、技術の進化、社会の変化、世界観の多様化などにより、同じ年齢層内でも消費行動や興味関心が大きく異なるケースが増えているためです。
それに伴い、新しい世代用語が次々と生まれ、広告やマーケティング戦略に取り入れられています。

まずは、伝統的な世代用語について振り返ってみましょう。

 

伝統的なF1,M1などの用語についての振り返りです。

 

F1、M1(女性・男性、20代前半)

20代前半の若年層で、大学生活や初期キャリアを楽しむ段階にあります。
ファッション、美容、エンターテインメントへの関心が高い傾向があります。

F2、M2(女性・男性、20代後半~30代前半)

この世代はキャリアの確立期にさしかかり、家庭を持ち始める人が多くなります。
住宅購入、金融商品、子育て関連の製品やサービスへの関心が高まります。

F3、M3(女性・男性、30代後半~40代)

30代後半から40代の成熟した大人で、キャリアと家庭生活の両方で安定を求める時期です。
健康、教育、レジャー活動、高品質な消費財への関心が高くなります。

F4、M4(女性・男性、50代~60代前半)

この年代では、子どもたちが独立し、自身の趣味や興味、健康により多くの時間と資源を割くようになります。
旅行、健康補助食品、贅沢品、趣味関連の製品への関心が高まります。

シルバー世代(65歳以上)

シルバー世代は、退職後のライフステージに入る人々を指し、健康、余暇、孫への贈り物などに関心があります。
この世代は購買力があり、健康関連製品やサービス、旅行、文化活動への投資意欲が高いことが特徴です。

 

上記世代区分は以前から広告業界では馴染みがあり、普通に使われてい着た用語です。

次に最近台頭してきた、用語です。

 

ジェネレーションX(1965年~1980年生まれ)

この世代は、テクノロジーの進化を体験し、その過渡期に育ったため、
デジタルとアナログの両方に適応できるユニークな位置にいます。

しばしば「中間の世代」と呼ばれ、強い家族志向と個人主義を併せ持ちます。
彼らは質の高い製品や信頼できるサービスを求め、情報に基づいた購買決定を行います。

ミレニアル世代(1981年~1996年生まれ)

デジタル技術の急速な発展と共に成長したこの世代は、オンラインでのコミュニケーションや情報収集に非常に慣れています。
彼らは多様性と個性を尊重し、仕事とプライベートのバランスを重視していると言われています。

また、ワークライフバランスと経験を重視し、カスタマイズされた製品やサービスに惹かれるとも言われています。

Z世代(1997年~2012年生まれ)

完全なデジタルネイティブとして、この世代はオンラインメディアやソーシャルネットワークを通じたコミュニケーションに非常に精通しています。
彼らは自己表現と個性を重視し、社会的・環境的課題に対して意識が高いと言われています。

 

デジタルネイティブの典型であり、個性の表現と社会的正義に大きな価値を置き、
ブランドの倫理的な姿勢や持続可能性に敏感です。

Z世代と言う言葉は、あなたも最近よく聞くのではないでしょうか?

アルファ世代(2013年~現在の新生児)

AIやIoTが日常生活の一部となる中で成長しているアルファ世代は、
これまでの世代とは異なる新しい消費行動や価値観を持つと予想されています。

 

彼らは今後、マーケティングの世界で重要なターゲットとなると言われています。

 

まとめ

マーケティングで重要な第一歩は、ターゲットとなる生活者を深く理解することです。

ターゲットの理解を深める上で、各世代の特性を捉えることは非常に重要です。
現代のマーケティング用語では、Z世代からシルバー世代に至るまで、多様な消費者層を指し示すために様々な用語が使われています。

仕事の現場でサッと理解できるようにしっかりと思えておきましょう!

関連記事

  1. 広告費をかけずに注目を浴びる秘策:真逆発想法!!

  2. キュレーションサイトの将来展望2024年最新版

  3. “ネット”と“グロス”の違いを分かりやすく説明します!

  4. 『悩み』で出来る効果的なアプローチ!

  5. Facebook広告の使い方(禁止)

  6. 記憶に残る広告キャンペーンの事例分析!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP