キュレーションサイトの将来展望2023年最新版

キュレーションサイトとは、Web上の情報を特定の価値観やテーマに基づいて収集・整理し、
ユーザーに提供するサイトです。

最近では多様なジャンルや対象者向けのキュレーションサイトが登場しており、
広告主や広告代理店にとっての重要性も増しています。

キュレーションサイト

キュレーションサイトと広告業界

代表的なキュレーションサイトとして、Gunosyやはてなブックマーク、MERYなどが挙げられます。

これらのサイトはユーザーの興味や好みに合わせて情報を提供しており、
情報収集の手段として多くのユーザーから支持されています。

利用者は、関心のある分野に特化した情報を効率的に入手できるのが魅力。
そのため、広告主や広告代理店は、キュレーションサイトを重要な広告メディアとして位置付けるようになりました。

キュレーションサイトの市場規模

2014年の市場規模は176.6億円、2015年は286.5億円と急増し、近年もその成長傾向は続いています。
さらに、キュレーションサイトの認知度が高まり、テレビCMなどでの露出も増加しています。

キュレーションサイトのトレンド:

  1. AI技術の活用:
    人工知能と機械学習の進化により、キュレーションサイトはユーザーの興味や行動を更に精密に分析し、
    最適なコンテンツを提供できるようになるでしょう。
  2. 動画コンテンツの増加:
    動画コンテンツはユーザーの注目を引きつける力が強く、
    これを利用したキュレーションも増えると予想されます。
  3. 深度のあるコンテンツへのシフト:
    ユーザーが質の高い情報を求める傾向が強まりつつあるため、
    深い分析や専門的な知識を持ったコンテンツが重視されるでしょう。

キュレーションサイトの課題と将来展望:

キュレーションサイトの市場は拡大を続けていますが、その中での競争も激しさを増しています。
記事の質の低下やオーバーサチュレーション、信頼性の問題などが挙げられる課題として存在します。
これらの課題に対応しつつ、ユーザーのニーズを的確に捉えることが成功の鍵となるでしょう。

  1. 質の確保:
    キュレーションサイトが増加する中で、信頼性や情報の質が求められるようになってきています。
    将来的には、質の高い情報を提供するサイトがより多くのユーザーを獲得し、競争優位を築くでしょう。
  2. パーソナライゼーションの強化:
    ユーザー一人一人の好みや興味をより精緻に捉え、カスタマイズされた情報提供が期待されます。
    これにより、ユーザーとのエンゲージメントを強化し、ロイヤリティを確保することができる。
  3. 多様なコンテンツの提供:
    現在では、テキストベースの情報提供が主流のキュレーションサイトも、
    動画や音声、インタラクティブなコンテンツを取り入れることで、ユーザー体験を豊かにする動きが強まっています。

上記のように、キュレーションサイトは今後も我々の情報収集や学びの場として大きな役割を果たすことが予想されます。
その中で、進化と革新を続けるサイトが生き残り、新しい価値をユーザーに提供し続けることが求められるでしょう。

 

広告主・代理店の対応

広告主や広告代理店は、キュレーションサイトの信頼性や内容をしっかりとチェックし、
その上で広告出稿やプロモーションを行う必要があります。

特に女性をターゲットとするキャンペーンでは、MERYやLocariなど、
女性向けのキュレーションサイトを活用することが効果的です。

キュレーションサイトの将来まとめ

キュレーションサイトは、広告業界にとって新しい広告メディアとしての役割を果たしています。
しかし、市場の拡大とともに質の問題が浮上してきており、
広告主や代理店は適切なサイト選びやパートナーシップを築くことが求められます。
信頼性と質を兼ね備えたキュレーションサイトは、今後も市場での存在感を増していくことでしょう。