マーケティング用語

⑤消費者の行動心理学とマーチャンダイジング

“インストア・マーチャンダイジングとは?

“売上アップの秘訣:インストア・マーチャンダイジングの例”

インストア・マーチャンダイジングの進化

オンラインとオフラインのマーチャンダイジングの関係

 

と、4つの記事にて考察してきましたが、
最後に消費者の行動心理学との関係について説明いたします。

 

行動心理学で購買意欲を引き出す秘訣

 

消費者の行動心理学は、マーチャンダイジング戦略を策定する上で重要な要素となります。

消費者が商品をどのように認知し、評価し、選択するかを理解することで、
より効果的なプロモーションを行い、消費者の購買意欲を引き出すことが可能になります。

 

 

デコイ効果

デコイ効果は、消費者が商品を比較する際に、3つ目の選択肢(デコイ)が他の2つの商品の価値を相対的に高く見せる現象です。

 

例えば、A商品が¥1,000円、B商品が¥1,500円と設定し、C商品を¥2,000と設定した場合、
消費者はB商品の価値が高く見える可能性があります。

 

フレーミング効果

フレーミング効果は、同じ情報でもその提示方法によって消費者の解釈が変わる現象を指します。

例えば、「9割の成功率」よりも「1割の失敗率」と表現した方が、
消費者にとってはリスクが高く感じられることがあります。

 

この心理を利用して、
商品の特長やプロモーションを正確に、かつ魅力的にフレームすることが重要です。

 

スカシティ効果(希少性の原則)

人々は、手に入れることが難しいもの、または限定的なものをより価値あるものと感じる傾向があります。

 

 

このスカシティ効果を利用して、「限定品」や「期間限定」などの表現を用いることで、消費者の購買意欲を刺激することが可能です。

 

社会的証明の原則

人々は、他人が行っている行動を正しいと認識し、それに倣う傾向があります。

これを商品のレビューや評価、推薦などの形で表示することで、
消費者の購買意欲を引き出すことができます。

これらの心理学的要素をマーチャンダイジングに組み込むことで、
ブランドと消費者との間に強い絆を築き、消費者の購買行動を効果的に促進することが可能となります。

 

アンカリング効果

アンカリング効果とは、人々が最初に提示された情報(アンカー)に強く影響され、
それを基準に判断を下す傾向を指します。

例えば、元の価格が高く設定されていると、割引価格はより魅力的に感じられます。

リカプロシティ(相互交換)の原則

リカプロシティの原則とは、何かをもらったとき、
人々は何かを返すことを感じる傾向があるという原則です。

 

例えば、無料サンプルを提供すると、消費者はその商品を購入する可能性が高まります。

コミットメントと一貫性の原則

一度何かにコミットメントをした後、
人々はその決定に一貫性を持つように行動する傾向があります。

例えば、消費者が小さな購入を行った後、
そのブランドの大きな購入につながる可能性があります。

 

これらの心理学的原則も、マーチャンダイジング戦略に組み込むことで、
より効果的に消費者の購買行動を促すことが可能です。

しかし、これらの手法は決して操縦または欺瞞のツールではなく、
消費者が望む価値をよりよく提供するための方法として使用するべきです。

いずれの方法も、誠実さと信頼性を維持しながら消費者に価値を提供することが最も重要です。
これらの心理学的理論を活用することで、
消費者にとって意味のある購買体験を提供し、長期的なブランドロイヤリティを築くことが可能になります。

まだ読んでない方はこちらから↓

関連記事

  1. 記憶に残る広告キャンペーンの事例分析!

  2. メディア接触率の変化とその影響

  3. 注目の『ブランドジャーナリズム』とは

  4. マイクロインフルエンサーに注目!

  5. 成功へのパスを切り開く効果的な広告戦略の作り方

  6. 大型(街頭)ビジョン設置の考え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP