インターネット広告の基礎知識

インターネット広告の種類①(デバイス編)

インターネット広告は年々進化しており、
特定のデバイスの特性を最大限に活かした広告形式が増加しています。

以下に、2023年の主なデバイス別の広告トレンドについて紹介いたします。

インターネット広告の進化:2023年のデバイス別トレンド

 

インターネット広告の最新トレンドについて、デバイス別を中心にみてみましょう。

PC広告のトレンド

 

  • ディスプレイ広告:
    一般的なバナー広告から、よりインタラクティブなHTML5や動的表示を採用する形式が主流になってきています。
    例えば、ユーザーの過去の閲覧履歴や購買履歴に基づいて、リアルタイムで内容が変わるバナー広告があります。
    これにより、個々のユーザーに合わせたパーソナライズされた広告体験を提供することが可能となっています。
  • 動画広告:
    ユーザーエンゲージメントを高めるための新しい動画形式やインタラクティブな要素の採用が増加しています。
    例えば、動画の途中でユーザーが選択を行い、
    その結果によって異なるエンディングを迎えるインタラクティブ動画広告が増加しています。
    このような形式は、ユーザーの参加型体験を提供し、長時間のエンゲージメントを促す効果があります。
  • リッチメディア広告:
    ARやVR要素を組み込んだインタラクティブな広告が登場しており、一段とユーザーの注目を集めています。
    例えば、スマートフォンのカメラを使用して現実の空間に商品やキャラクターを重ねて表示するAR広告が流行しています。
    ユーザーは現実の風景の中で商品を試すことができ、よりリアルな購買体験を得ることができます。

 

 

スマートフォン広告のトレンド

 

  • アプリ内広告:
    広告の形式は多岐にわたり、動画、インタラクティブ、ネイティブ広告など、
    ユーザーの使いやすさや満足度を下げないように、慎重に設計されています。
    例えば、ゲームアプリの中でゲームの進行と連動したタイミングで表示される広告や、
    ユーザーの操作に応じて反応するインタラクティブな広告があります。
    これにより、ユーザーの邪魔をせず、自然と情報を受け取らせることができる。
  • 動画広告:
    縦型の動画広告が主流になりつつあり、ユーザーのエンゲージメントを高めるための新しい形式が多数登場しています。
    例えば、SNSプラットフォーム上での縦型の動画広告は、ユーザーのスクロールをストップさせ、広告を中心に注目させる効果があります。
    また、動画内でのポーリングやクイズのような要素を取り入れることで、ユーザーの参加とエンゲージメントを促進しています。
  • Augmented Reality (AR) 広告:
    AR技術を活用し、リアルタイムでのインタラクションが可能な広告が増加中。
    例えば、スマートフォンのカメラを使用して、現実の店舗や景色に商品や情報を重ねるAR広告が人気を集めています。
    ユーザーは、直接的な購入意欲を刺激するリアルタイムの情報提供や、実際の商品のサイズや色を確認することができる、新しい体験を得ることができます。

 

テキスト広告のトレンド

デバイスを問わず、シンプルで分かりやすいテキスト広告は依然として人気です。
AI技術を駆使して、ユーザーの興味や検索履歴に基づいたパーソナライズされた広告の配信が進化しています。

例えば、ユーザーが最近オンラインショッピングサイトでスニーカーを検索した場合、
そのユーザーが閲覧するブログやニュースサイトのテキスト広告欄にスニーカーに関する広告が表示されることが多くなります。
また、AIはユーザーの過去の購入履歴や閲覧履歴を解析し、個別の興味やニーズに合わせてテキスト広告の内容や配信タイミングを最適化することが可能となっています。

 

フィーチャーフォン:

市場は縮小していますが、地域やターゲット層によってはまだ有効です。
主にテキスト広告やシンプルなバナー広告が用いられます。

例えば、高齢者層が多い地域や発展途上国の一部エリアでは、フィーチャーフォンの利用者がまだ多く存在します。
そのような地域での広告キャンペーンでは、大きな画像や動画よりも、簡潔なテキストメッセージやわかりやすいシンプルなバナー広告が効果的です。
また、フィーチャーフォンの小さな画面を考慮して、コンパクトで直接的な広告文が使用されることが多いです。

 

インターネット広告のトレンドのまとめ

2023年のデバイス別広告トレンドを鑑みると、
広告代理店としての最も重要な取り組みは「柔軟性」と「革新性」です。

各デバイスの特性やトレンドを正確に捉え、それに適した広告戦略を提案・実施することが求められます。

また、テクノロジーの進化や消費者のニーズの変化に素早く対応し、
新しい広告形式や体験を考えることも不可欠です。

広告代理店としては、クライアントのブランド価値を最大化するために、常に市場の動向をリサーチし、
最新のテクノロジーと組み合わせて最適なソリューションを提供することが求めらていると言えます。

関連記事

  1. 仕組みを理解しよう!WOMマーケティングの基礎知識

  2. 『アイドマの法則』と『アイサスの法則』とは

  3. メディアレップとは?広告代理店との違いを徹底解説!

  4. マスメディア広告とインターネット広告を比較

  5. 記憶に残る広告キャンペーンの事例分析!

  6. “タッチポイントとは?マーケティング成功への基本ステップ&…

PAGE TOP