コラム

広告代理店の給料概況:2024年最新動向

広告代理店の給料についての2024年の最新情報に基づくと、
広告代理店の業界は依然として高収入が期待できる分野の一つであることがわかります。

特に大手広告代理店では、平均年収が非常に高く設定されています。

例えば、電通の平均年収は約1,191万円、博報堂DY HDの平均年収は約1,052万円、アサツーディ・ケイの平均年収は約766万円となっており、
これらは業界内でトップクラスの年収です​​。

一方で、広告代理店の種類には大きく分けて、『総合広告代理店』『専業広告代理店』『ハウスエージェンシー』などがあり、
業務内容や対応するクライアントの種類が異なります。

一般的には、大手に該当する広告代理店では、
30代であれば500万円程度、40代になると600万円程度の年収が一般的で、
特に能力が高い場合はさらに高い年収を得ることが可能と言われています。

電通のような大手企業では、40代であれば1000万円を超える年収を得ることも珍しくないとされています​​。

 

広告代理店の給料の相場とは?

 

これらの情報から、広告代理店は依然として高収入が期待できる業界であり、
特に大手企業やデジタル分野に強みを持つ企業では、さらに高い年収が期待できることがわかります。

 

2024年の広告代理店の給料相場について、
大手から中小企業まで整理してみましょう。

 

大手広告代理店の給料状況

大手広告代理店では依然として高給が期待できます。
特に電通や博報堂DY HDなどのトップ企業では、平均年収が1,000万円を超えるケースが多いです。
これらの企業では、広告の企画から制作、配信まで一貫して手掛けることができ、
大規模プロジェクトに関わるチャンスも豊富にあります。

中小広告代理店の給料動向

一方、中小規模の広告代理店では、大手に比べて平均給料が低めに設定されています。
しかし、専門性を活かしたサービス提供や、デジタルマーケティングの分野でのニッチな強みを持つ企業も増えており、
そうした企業では比較的高い給料を得られる可能性もあります。

 

専業広告代理店

専業広告代理店は特定の媒体や分野に特化しており、
近年では特にデジタルマーケティング分野での専門性を強みとする企業が増えています。
こうした企業では、ニッチながらも高度な専門知識を持つ人材に対して高い給料が支払われることもあります。

その他、交通広告や屋外広告などに特化した専業広告代理店は、中小の広告代理店と同等と考えればいいでしょう。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーは特定の企業内に設置される広告部門で、安定した仕事が見込める反面、創造性や自由度が限られる場合があります。
このため、給料は安定していますが、大手総合広告代理店ほどの高額は期待できない傾向にあります。

 

 

広告代理手の給料のまとめ

これらの情報から、広告代理店は依然として高収入が期待できる業界であり、
特に大手企業やデジタル分野に強みを持つ企業では、さらに高い年収が期待できることがわかります。

ただし、広告代理店に就職する際には、業務内容や企業のビジネスモデル、自身のキャリアプランを考慮することが重要です。

比較的、自由に仕事をすることが可能であり、副業などの可能性も他業種より容易でもあります。

能力や努力があれば、そのあたりの情報をしっかりと得て、自分なりの仕事範囲を設定できれば
多くの収入を得ることができるでしょう。

 

 

 

 

関連記事

  1. ラジオ広告の効果測定方法

  2. 広告代理店売上ランキング 2014年上位40社

  3. 広告代理店売上ランキング(2015年度)

  4. 【値引き】と【値上げ】儲かるのはどっち?

  5. ベネフィットとは?ベネフィットの理解と活用法

  6. 広告代理店ランキング

    広告代理店ランキングから見える広告業界の変化

PAGE TOP