スマートスピーカーと広告:未来のマーケティング

スマートスピーカーとは、
音声認識機能を持つインターネット接続型のスピーカーのことを指します。

Amazon Echo(アレクサ)、Google Home、AppleのHomePodなどがその代表例で、
これらのデバイスはユーザーが音声で指示をすることで、
音楽を再生したり、天気予報を教えてくれたり、通信販売の商品を注文したりすることができます。

スマートスピーカーと広告の関係

スマートスピーカーの普及によって、生活者や広告業界にどのような影響が考えられるのか?
その注目点を整理してみましょう。


生活者(特に若者)への影響

スマートスピーカーによる生活者への変化は、下記5点が考えられます。

①情報のアクセシビリティ向上:

ハンズフリーで情報にアクセスできるため、料理中や運転中など、手がふさがっていても情報を得ることが可能になります。

これにより、情報へのアクセシビリティが各段に向上します。

②ショッピング行動の変化:

音声による商品検索や購入が容易になり、オンラインショッピングがさらに身近な存在となるでしょう。
また、パーソナライズされた商品推奨により、消費者と商品のマッチングの精度が上がる可能性もあります。

③エンターテイメント体験の進化:

音楽の再生はもちろん、オーディオブックの視聴やインタラクティブなストーリーテリングなど、
新たなエンターテイメント体験が可能となります。

④ライフスタイルの自動化と最適化:

スマートスピーカーを中心としたスマートホームの普及により、
ライティング、暖房・冷房、家電の操作など、生活の様々な面で自動化や最適化が進むでしょう。
これにより、より快適で効率的なライフスタイルが実現します。

⑤学習・教育の可能性:

教育分野でもスマートスピーカーの可能性が探られています。
例えば、外国語の学習、一問一答形式のクイズによる知識の定着、
朗読によるリーディングスキルの向上など、インタラクティブな学習が可能となります。

上記のように、スマートスピーカーの普及により、
情報へのアクセス、ショッピング、エンターテイメント、生活の自動化、学習といった
様々な面で生活者の行動が変化する可能性があります。

広告業界では、このような技術の進化とともに、これらの新たな生活スタイルに適応していくことが求めらるでしょう。

 

スマートスピーカーの広告への影響

スマートスピーカーの台頭により、広告業界にも大きな影響が生じています。
その最大の特徴は「音声」によるインタラクションです。
これは、広告業界がこれまで重視してきたビジュアル要素から一部シフトさせ、オーディオ広告に対する需要を高める可能性があります。

オーディオ広告の可能性

スマートスピーカーだけでなく、ラジオもオーディオ広告の重要な媒体として再評価される可能性があります。
ラジオは、リーチが広く、一方向的なコミュニケーションが特徴ですが、
これに音声認識機能やインタラクティブな要素が加わることで、新たな広告の可能性が開かれます。

スマートスピーカーの使用者が増えることで、
特定のタイミングや状況に最適なオーディオ広告を配信することが可能になります。
例えば、朝のニュースを聞いている時に、その日の天気に合ったアパレルの広告を配信したり、
料理のレシピを検索している時に食材の宅配サービスの広告を配信することが考えられます。

個別化された広告体験

また、スマートスピーカーはユーザーの個別の行動や好みを学習する能力を持つため、
広告の個別化に大きな可能性を秘めています。

これまでのインターネット広告がクッキー情報に基づいてユーザーをターゲティングしてきたのに対し、
スマートスピーカーは音声認識とAI技術を活用して、より深いレベルでユーザー理解を行うことが可能です。
これにより、広告はユーザーの日常生活の一部となり、自然な形で商品やサービスを紹介することができます。

スマートフォンとスマートスピーカー

スマートスピーカーの登場と共に、スマートフォンの存在も無視できません。

スマートフォンはスマートスピーカーと連携し、より豊かな体験を提供します。
例えば、スマートスピーカーで音声による商品検索を行った後、
具体的な商品情報や購入画面はスマートフォンの画面で確認するといったシームレスなユーザー体験が期待されます。

これは、スマートフォンとスマートスピーカーが一体となったマルチデバイスの広告戦略を形成する可能性を示しています。

 

まとめ:スマートスピーカーと広告の新たなフィールド

スマートスピーカーという新たなメディアは、広告業界に新たなチャンスと挑戦をもたらしています。
ユーザーに対する新しいアプローチや、オーディオ広告の可能性を最大限に引き出すためには、
これまでの広告制作とは異なる視点や技術が求められます。

まず、音声という新たなインタラクションに対応するために、
ビジュアルに依存しないコンテンツ制作やストーリーテリングのスキルが必要になります。

これには、音声の持つ情感や状況に合わせた配信タイミングなど、
オーディオ広告独自の魅力と効果を理解し、最大限に活用する必要があります。

また、AIによる深いユーザー理解と個別化された広告配信も、
スマートスピーカー広告の大きな特徴です。

これには、データ分析やAI技術の理解が必要になります。

さらに、スマートフォンとの連携によるシームレスなユーザー体験を提供するためには、
マルチデバイス間での広告戦略やユーザージャーニーの設計スキルが求められます。

そして何よりも、
新しいテクノロジーを活用しながら、
ユーザーにとって有益で魅力的な広告体験を提供するためのクリエイティブな思考が重要です。

これらの新しいスキルや視点を持つことで、
広告制作者はスマートスピーカーという新たな舞台で、
より深く、よりパーソナルな広告体験をユーザーに提供することができるようになるでしょう。

今後の広告業界の動向に注目しながら、スキルアップを図っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA