コラム

ブランディング戦略は小さな会社でも必要か?

 

ブランディングとは、マーケティング戦略の一環です。
企業の『イメージ』や『コンセプト』を生活者に認識していただくことを目的とします。

ブランディングは大企業の戦略と思われる方が大半ですが、
本当にブランディングは大企業だけの戦略でしょうか?

 

小さな会社こそブランディング戦略!

 

結論からお伝えしますと、ブランディングに企業の大小は関係ありません。
中小の企業でも非常に大事な戦略です。

テレビなどのマスメディアを活用した広告だけがブランディングではありません。
小さな市場でもブランディング戦略は存在します。

近くにイオンとイトーヨーカドーがあった場合、セブンイレブンとファミリーマートがあった場合、どちらを優先するか?
ほとんどの生活者は優先順位が決まっています。
これは、無意識のうちにブラディングができている証拠です。

そして、ブランディングは、近くのクリーニング屋、八百屋、魚屋、居酒屋、肉屋でも一緒なのです。
生活者の頭の中では、同じ価格でも無意識のうちに優先順位が決まっているのです。
これは、全てブランディングによるものだと言えます。

 

クリーニング屋さんもブランディングは必要です

 

コカ・コーラ、ペプシ、ポルシェ、ボルボ、スバル、シャネル、PUMA、ソニー、キャノン、ニコン・・・・
生活者は、日ごろ接する商品に対して意識しなくても何かしらのブランドイメージを持っています。

そして、モノを購入する時は身近なものも含め何かしらの基準で商品を選んでいます。

  • 大事なパーティーの洋服はシャネル
  • パジャマはユニクロ
  • 頑丈で安全な丈夫な車といえばボルボ
  • スポーツカーならポルシェかフェラーリ
  • 故障しない車はトヨタ
  • 映像の綺麗なテレビならSHARP
  • 空気清浄機はダイキン
  • デジタルカメラはニコン

生活者は性能云々より前の段階で、ある程度購入するメーカーは決まっています。
しかも、その選択肢は2~3つ程度しかありません。

つまり、どんなに性能が良くてもブランドイメージが悪ければ検討する土俵にすら乗ることはできないのです。

 

この状況は身近な日用品も同様です。
スーパーに行けば、コカコーラとペプシコーラは同額で販売しています。
特保のペプシコーラとキリンのコーラも同じです。
味に特別な差はありませんので購入にはブランドイメージが大きく左右します。

大手のスーパーやデパートは安全なブランドイメージがあります。
野菜などは、ブランドイメージに農家の顔写真が加われば無敵です。
デパートで顔見せの商品なら安全だ。と人は思いこんでいます。

農家の人に会ったことなんてないのに安心して購入してしまいます。
しかし、購入した後に野菜の農家の名前を覚えている方はいないでしょう。これもブランドの一種です。

【大手スーパー&デパート+農家が顔を出す=安全な野菜】

という売り方でのブランドイメージが浸透しています。

このような事例は大企業の事例ですが、中小企業や個人運営の店舗の場合も同様です。
身の丈にあったブランドイメージの確立に取り組む必要があります。

1. 魚屋:目利きの専門知識

小さな魚屋が大手スーパーと競合するには、単に新鮮な魚を提供するだけでは不十分です。
この魚屋は、目利きの専門知識で差別化を図ります。彼らは、漁師や市場での経験を通じて、魚の品質、種類、産地に関する深い知識を持っています。
顧客には、どの魚が旬で、どのように調理すると最も美味しいかのアドバイスを提供します。
また、特定の料理やイベントに最適な魚の選び方を教えることで、顧客の信頼を獲得し、リピーターを増やしています。

2. クリーニング屋:シミ取りの専門技術

このクリーニング屋は、シミ取りに特化したサービスを提供しています。
最新の技術と伝統的な手法を融合させ、あらゆる種類のシミに対応します。
顧客は、高価な衣類や思い出の詰まったアイテムも安心して預けることができます。
さらに、衣類の素材やシミの種類に応じたカスタマイズされた処理方法を提供し、顧客にそのプロセスを透明に説明することで、信頼と専門性を高めています。

3. 居酒屋:刺身の絶品メニュー

この居酒屋は、刺身に特化し、その絶品の味で地元で評判です。新鮮な魚介を直接漁師から仕入れることで、鮮度と品質を保ちます。
また、季節に応じた限定メニューや地域独特の魚介を用いたオリジナルの刺身を提供することで、
訪れる客に常に新しい体験を提供します。
居酒屋の店主自らが、その日のおすすめを顧客に説明し、食材の背景や特徴を紹介することで、食事の価値を高めています。

4. 歯医者:インプラントにおける専門性

この歯医者は、インプラント治療に特化しており、その分野で高い専門性を持っています。
最新の技術を駆使し、患者一人ひとりの口腔状態に合わせたカスタマイズされた治療計画を提供します。
患者に治療プロセスを詳細に説明し、不安を取り除くことで信頼を築きます。
また、治療後のフォローアップや維持管理にも力を入れ、長期的な口腔健康をサポートしています。

今の時代はインターネットがあります。誰でも安価に情報を発信できます。
新聞広告に数百万も広告費用を出さないとブランド訴求はできないということは全くありません。

商売をする限り、会社の大小に関わらず個人に対してブランディングをしていくことは非常に大事です。

これは、広告代理店も同様です。
中途半端な人数で「総合広告代理店です。何でも出来ます」よりは、
「媒体は扱えませんがイベントだけはどこにも負けません」の方がニーズは高くなります。

 

まとめ

ブランド戦略は大企業だけの戦略ではありません。
ブランドは会社の規模に関わらず商売する人全員に必要な戦略といえます。

 

 

関連記事

  1. 「LINENEWS」が「YAHOO!」を抜いて1位に!

  2. 効率的に顧客に対応する方法!

  3. 目標の立て方

  4. 一歩先の印刷会社

  5. R25廃刊・・・

  6. よくあるマーケティング課題とその解決策まとめ

PAGE TOP