『映像制作の費用は天と地ほどの差がある!初心者向けに徹底解説』

広告代理店での仕事は多岐にわたりますが、中でも映像制作に関する依頼は避けて通れない一大任務です。

映像は、企業のブランドメッセージを視覚的に伝える強力なツールであり、その効果は計り知れません。

しかし、映像制作は単なる撮影だけではありません。

企画から制作、編集に至るまでのプロセスは複雑であり、それぞれの段階で発生する費用もまた、多岐に渡ります。

広告代理店として、クライアントに最適な映像を提供するためには、これらの費用構造を正確に理解し、適切に管理する知識が不可欠です。
今回は、映像制作にかかる費用の全貌について、初心者でも理解しやすいように詳しく解説していきます

映像制作費はいくらですか?

映像の製作が必要になると、どのくらい費用が必要なの?料金表ある?という質問は多くあります。

しかし、このようなクリエイティブな仕事に定価はありません。

クリエイティブな仕事というのは、案件ごとに都度品質が異なります。
制作を依頼する『会社のレベル』『演出するプロデューサーのレベル『撮影場所』『出演タレントの有無』『コピーライターのレベル』など。
制作する内容によって内容が異なりますので費用も異なるのが特徴なのです。

多くの要因が絡み合い、その費用は天と地ほどの差があるのです。
初めて映像制作を依頼する方に向け、この複雑な世界をわかりやすく解説していきます。

映像制作費の基本構成

 

まず、映像制作費用の基本構成から考えてみましょう。
映像制作はクリエイティブな作業であり、その内容によって費用も大きく異なります。
制作を依頼する会社のレベル、プロデューサーやコピーライター、撮影場所、出演タレントの有無など、多くの要素が総費用に影響を及ぼします。

特に、制作会社のレベルによる費用の差は大きいといえます。
一流の制作会社は、過去の実績があり、ディレクションや企画の質も高いため、それだけで数十万から数百万円の費用がかかります。
また、一流のスタッフを揃えるため、人件費も高額になります。
しかし、その分、高品質なサービスと安全対策が期待できます。

撮影持の時の安全対策や撮影場所のノウハウなどの知識が豊富です。

撮影時の安全対策とは?

映像を制作する為には様々な場所で撮影が必要になります。
街中・海岸・山・ビルなどコンセプトによって様々です。

その全てにおいて、許可や安全対策は必要になります。

突然、街中に出て勝手に撮影しているのではないのです。
まずは、区や市などの道路使用許可が必要です。
勝手に一般の方を映像内に出演させられませんので、通行人はエキストラです。

歩道の通行規制もしなければいけません。

このようなノウハウを持っている企業は限られます。

そして、ノウハウを持っている企業の費用は当然高額になります。
ノウハウとは高いのが当然なのです。

 

次に、タレントの出演費用を見てみましょう。

多岐に渡るタレントの出演費用

タレントの人気やレベルによって、出演費用は数百万円から数千万円までと大きく異なります。

例えば、「ハズキルーペ」のCMでは、主演タレントの費用が公になり話題になりました。
高額なタレントを起用し、さらに撮影が海外で行われる場合、制作費用は1億円を超えることも珍しくありません。

撮影費用についても、撮影場所(屋内か屋外か、日本か海外か)によって大きく異なります。
特に海外での撮影は、旅費や現地スタッフの確保、許可関係の費用など、多くの追加費用が発生します。

最後に映像編集費用ですが、これも制作会社の能力によって異なります。
撮影した映像をCM用に編集する際、テロップや音楽、ナレーションの挿入など、細部にわたる工夫が必要です。

この映像を編集するレベルが低いと全てが台無しになります。

このレベルも高額な費用が発生する制作会社程、レベルの高いスタッフがいるのが普通です。

映像制作費のまとめ

結局のところ、映像制作は高度な技術と創造性が求められる作業であり、その費用も様々です。予算に余裕がある場合は、高品質な制作会社に依頼することをおすすめします。企業のブランドイメージに直結する映像制作には、適切な投資が不可欠です。

映像制作は簡単な作業ではありません。有能な外注先を見つけることが、成功への第一歩です。

 

テレビCM制作の流れはこちら

テレビCMが放映されるまで。はこちら