2024年度最新版:ステルスマーケティングの現状と法規制の進展

ステルスマーケティング、すなわち『広告であることを隠して行われるマーケティング手法』は、
近年、大きな法的変革を迎えています。

芸能人のステルスマーケティングがニュースになり、ご存知の方も多いでしょう。

2023年10月から施行された新たな景品表示法違反規制により、
2024年以降の日本におけるステルスマーケティングの状況も引き続き変わりつつあります。

ステルスマーケティングとは?

ステルスマーケティングは、広告であることを消費者に隠して行われるマーケティング手法です。

例えば、
インフルエンサーや著名人がSNSで製品やサービスを推奨する際、
その投稿が宣伝であることを明示しないケースがこれに該当します。

ステルスマーケティングが規制される理由とは?

では、なぜステルスマーケティングが問題視されるのでしょうか?
改めて考えてみましょう。

ステルスマーケティングが問題視される理由を簡単にまとめると下記3点に要約できるでしょう。

  1. 消費者を誤解させる:
    ステルスマーケティングは、宣伝内容を隠して消費者に普通の口コミやレビューと思わせます。
    これにより、消費者は広告であると知らずに製品やサービスについて理解してしまうという誤解が生じます。
  2. 信頼性の欠如:
    広告であることを隠すことは、消費者との信頼関係を損なうことにつながります。
    一度バレると、その企業やブランドの信頼性が大きく失墜する可能性があります。
  3. 法律違反の可能性:
    多くの国や地域では、広告としての性質を明示することが法律で義務付けられています。
    ステルスマーケティングはこれに違反する可能性が高いため、法的なリスクを伴います。

要するに、
ステルスマーケティングは消費者を誤解させること、信頼を失うリスク、法的な問題を引き起こす可能性があるため、避けるべき行為とされています。

 

法規制の背景と内容

2023年10月1日から施行された景品表示法の改正により、
ステルスマーケティングは法的に規制されるようになりました。

この規制は、広告であるにも関わらず、それを隠して行われる表示を不当とするものです。
規制の対象は商品やサービスを提供する事業主に限られ、
インフルエンサーなどの第三者は罰則の対象外とされています​​​​​​。

 

市場における影響

この法改正は、インターネット広告市場の拡大を背景にしています。
広告業界では、ステルスマーケティングが広く行われている現状が指摘されており、
消費者やインフルエンサーに対する十分な理解が不足しているという問題も浮き彫りになっていました。

 

企業への影響と対策

企業は、ステルスマーケティング規制に対応するため、
社内でのマーケティングや広告に関する知識の周知、インフルエンサーや従業員への指導、
景品表示法に基づく基準やガイドラインの設定、外部チェックの実施など、複数の対策を講じる必要があります​​。

 

個人のSNS活用と規制の範囲

ステルスマーケティングの規制は、企業が第三者に依頼または指示した広告に適用されます。
一方で、個人が自主的にSNSに投稿した内容や、事業者から提供を受けた製品について個人的な意見を投稿する場合は規制の対象外です​​。

 

では、最後に広告代理店はステルスマーケティングに対して、どのような対応を取ればいいのか?
考えてみましょう。

下記5点にまとめました。
基本的な事をしっかりと社内にて共有することが非常に大切です。

 

広告代理店がステルスマーケティングに関して取り組むべきこと

 

  1. スタッフに勉強会を開く:
    定期的に勉強会やミーティングを行い、最新の法律の変更点やステルスマーケティングの基本をスタッフ全員が理解できるようにします。
    会社の内部ネットワークやメールで、最新の情報を共有します。
  2. 広告は広告とわかるように:
    基本的なことですが、SNSの投稿やブログなど、広告であることをはっきりと示します。
    たとえば「#PR」や「スポンサー: 〇〇」などのタグを使います。
    クライアントやインフルエンサーにも、このルールを守るように伝えます。
    これを忘れるのは絶対にNGです。
  3. ルール違反をチェックするシステムを作る:
    広告素材が法律に違反していないかをチェックするためのリストや手順を作ります。
    もし何か問題があったら報告できるシステムを整えます。
  4. クライアントにもルールを教える
    新しい法律や規制についてクライアントに説明し、どういう広告が適切かをアドバイスします。
    効果的な広告方法を提案して、クライアントが安心して広告活動ができるように支援します。
  5. 広告をしっかり見守る:
    すべての広告活動を監視し、ルールに従っているかチェックします。
    もし問題が起きたら、すぐに対応できるように準備しておきます。

 

これらのステップを踏むことで、広告代理店は法律を守りながら、効果的な広告活動を続けることができるでしょう。
全ては基本的な事で、根本はマスメディアの進行と大きく変わりません。