広告業界の基礎知識

リテールメディアの未来予測:その成長の秘密とは?

リテールメディアとは、小売業者が自社の店舗内やオンラインプラットフォームを活用して広告を展開するメディアのことです。

このコンセプトは、小売業者が持つ顧客データを基に、ターゲットに合わせた広告を店舗内やウェブサイト、アプリなどで展開することに焦点を当てています。
2022年頃から注目され、広告代理店も力を入れ始めており、2024年以降も注目される分野です。

“リテールメディアによる小売業界の広告革命とは?

リテールメディアの利点は、
顧客の購買行動や嗜好を反映できるため、高いターゲティング精度と効果的な広告展開が可能な点です。

例えば、顧客の購入履歴に基づいたパーソナライズされた広告を提示することができます。

これにより、顧客体験の向上や、効率的なマーケティングの実現が可能になり、
結果として、売上の増加やブランドロイヤルティの強化につながる可能性が考えられます。

 

日本のリテールメディア市場規模

では、日本のリテールメディアの市場を見てみましょう。

  • 2021年:
    日本のリテールメディア市場は90億円と評価されました。
    この数字は、デジタル技術の進化とオンラインショッピングの普及が相まって、
    新たな広告手法としてリテールメディアが注目された結果と考えられます。
  • 2022年:
    翌年には、135億円にまで成長しました。
    この成長は、COVID-19パンデミックの影響によるオンライン消費の増加と、
    小売業者によるデジタル広告への意識の高まりが起因したと考えることがでいます。
  • 2026年予測:
    2026年には、市場は約805億円に拡大すると予測されています。
    この大幅な成長は、技術の進歩が進むこと、データ分析の高度化が進むことにより、
    効果的なターゲティング能力の向上により実現されると思われます。

グローバル市場規模

一方で、日本より取り組みの早い海外に目を向けてみましょう。

  • 2023年:
    全世界のリテールメディア市場は約20兆円に達すると予測されています。
    この膨大な規模は、世界中の多様な市場におけるデジタル広告の需要の増加を反映しています。
  • アメリカ市場:
    2023年におけるアメリカ市場の支出額は約6兆円で、前年比57.3%の増加を示しています。
    この急成長は、アメリカにおけるeコマースの拡大と、データ駆動型の広告戦略の採用が促進要因となっていると言われています。

成長の背景と要因

その成長の背景と要因は回の4点に集約でいます。

  • テクノロジーの進化:
    テクノロジーの真か無くして市場の拡大はありません。
    AI、ビッグデータ、機械学習などの技術が、リテールメディアにおける顧客行動の理解を促進し、
    よりパーソナライズされた広告を可能にしています。
  • 消費者行動の変化:
    オンラインでのショッピングが日常化し、消費者はオンライン広告に対して、年々開放的になっています。
  • 経済環境:
    コロナの存在も忘れてはいけません。
    コロナはオンラインショッピングの増加を促し、リテールメディアへの関心を高める要因となりました。
  • 企業戦略の変化:
    多くの小売業者とブランドが、従来の広告手法からデータ駆動型のアプローチに移行していると判断できます。

これらの点を総合すると!
リテールメディア市場の成長は、テクノロジーの進歩、消費者の行動変化、そして経済的・社会的な要因によって推進されていると言えます。
これらの要素を考慮に入れることで、リテールメディア市場の将来的な展望と潜在能力をより深く理解することができます。

 

次に、最新情報として、リテールメディアに積極的に取り組んでいる代表的な企業の事例を紹介しましょう。
国内外でリテールメディアに力を入れている企業の取り組みを見てみると、それぞれの市場での戦略や成功例から学ぶことができます。

特に、データ分析を活用したパーソナライズ広告の展開や、オムニチャネル戦略の一環としてのリテールメディアの活用が見られます。

 

アマゾン(Amazon)

最初に取り上げるべきはアマゾンです。
オンラインリテールメディアの先駆者であり、そのプラットフォームを通じて高度なパーソナライズ広告を展開しています。
顧客の検索履歴、購買履歴、閲覧データを基に、関連性の高い商品の広告を表示します。

また、アマゾンはサードパーティのセラーにも広告スペースを提供し、彼らが自身の商品を効果的に宣伝できるようにしています。
アマゾンのリテールメディア戦略の大きな特徴は、その広範なデータ活用とアルゴリズムによる精緻なターゲティングです。

楽天

日本では楽天の存在も大きいでしょう。

楽天市場は、オンラインショッピングプラットフォームにおいて、リテールメディアの戦略を活用しています。
楽天は、顧客の購買データや検索履歴を基に、パーソナライズされた広告を表示しています。

また、楽天のポイントシステムと組み合わせることで、消費者の再訪を促し、購入へと導く戦略をとっています。

セブン-イレブン・ジャパン

コンビニエンスストアチェーンのセブン-イレブンは、店内デジタルサイネージを活用したリテールメディアを展開しています。
店内の画面で、天気や時間帯に応じた商品の広告を表示することで、顧客の購入意欲を刺激しています。

さらに、セブン-イレブン独自のアプリを通じて、顧客個々に合ったクーポンや情報を提供することも行っています。

ユニクロ

アパレル小売業のユニクロは、店舗とオンラインの融合によるリテールメディア戦略を展開しています。
店舗内のデジタルディスプレイやオンラインストアを通じて、顧客の購買データや好みに基づいた推薦商品を表示することで、顧客体験を向上させています。

CVSヘルス

アメリカの大手ドラッグストアチェーンであるCVSヘルスは、
店舗内のデジタルサイネージやオンラインプラットフォームを通じてリテールメディアを展開しています。
これにより、健康関連商品やサービスの効果的な広告が可能になっています。

 

マツモトキヨシ

マツモトキヨシのような日本の主要なドラッグストアチェーンもリテールメディアを活用しています。

これらの店舗では、店内のデジタルサイネージやレジ周りのディスプレイを使用して、時間帯や季節に応じた商品のプロモーションを行っています。

また、顧客の購買データを活用して、店舗ごとに異なる商品アソートメントやプロモーションを実施し、
地域ごとの顧客ニーズに応じたマーケティングを展開しています。

一部のドラッグストアでは、ポイントカードやアプリを通じて収集したデータを基に、パーソナライズされたクーポンやオファーを顧客に提供する取り組みも見られます。

 

ドラッグストアのような店舗では、リテールメディアを通じて、顧客体験の向上と広告収入の増加を図っています。

では、最後にリテールメディアのメリット・デメリットを、活用する企業、広告主、広告代理店の立場から
考えてみましょう。

 

企業がリテールメディアを使うメリットとデメリット

メリット:

  1. データの活用: 進歩する技術により、顧客の情報を精密に分析して、リアルタイムに広告を掲出することが可能になります。
  2. 新しい収入源: 店内を中心にオンライン広告などで新たな収入源が見込めます。
  3. お客様との関係向上: 顧客にリアルタイムに情報を発信できるので、顧客満足度が上げることが可能になります。

デメリット:

  1. プライバシーの問題: 顧客情報の取り扱いには最大限の注意が必要です。今以上に個人情報保護に気をつけなければなりません。
  2. 運用が複雑になる: リテールメディアの運用には専門知識や専門知識を持つ人材の確保が必要になります。

広告を出す会社(広告主)のメリットとデメリット

メリット:

  1. 正確なターゲット: 店舗で買い物をしている顧客、またはこれからしようとしている顧客にアプローチが可能です。
  2. 広告の効果アップ: 店舗でのアプローチですので、売上に直結する可能性があり、投資した広告費を回収できる可能性が高まります。

デメリット:

  1. コストがかかる: 発展途上の取り組みの為、大きな店舗や店舗数により費用が大きくなる可能性があります。
  2. 広告の届く範囲が限られる: 特定の店舗だけで展開すると、他の店舗での訴求まで費用が出せなくなる可能性があります。

広告代理店にどう影響する?どう対応する?

では、リテールメディアが、広告代理店にどのような影響を及ぼすのか?
考えてみましょう。

影響:

  1. 直接広告を出すことで代理店の役割減少: 店舗が自ら実施をしますので、広告代理店が介入する余地が無くなります。
  2. データ管理の重要性: 店舗がデータを所有しますので、顧客の情報を分析する仕事が減るかもしれません。
  3. 収入が減る可能性: 店舗と広告主が直接やり取りしますので、広告代理店の収入は当然減少します。

対応策:

  1. 付加価値のあるサービスを提供: 店舗での展開に付随する戦略を構築する。
  2. 最新技術を取り入れる: AIなどの新しい情報を収集し、リテールメディアにプラスできる情報を提供する。
  3. 良い関係を築く: 広告を取り巻くより多くの企業と協力関係を築き、よりトータルでのマーケティングの提案をする。
  4. 特定の分野に特化する: 特定の業界に集中して、専門知識を得て、広告主にスタッフの提供などで関係の強化を図る。
  5. スタッフのスキル向上: 常に最新の情報をキャッチして、スタッフを教育する。

4と5は連動します、この内容が最も可能性が高く、クライアントとの関係強化が見込めるでしょう。

大手代理店は新しい技術に力を入れていますが、中小代理店は特定の分野に特化したり、
他の会社と協力することで競争力を保つことが必要になるでしょう。

 

 

 

関連記事

  1. デジタル時代のマーケティング戦略とは

  2. 広告代理店の仕事内容とは!!

  3. “大手と中小!広告代理店の内側から見た仕事の全容とは?&#…

  4. Facebook広告の使い方(事前準備)

  5. トリプルメディア: 3つのメディアを連携させる新たな広告戦略(2024…

  6. コンバージョンの考え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP