マーケティング情報

イマーシブ・マーケティング:2024年注目のキーワード!

こんにちは!今日は「イマーシブ」という言葉に焦点を当て、
その意味と、なぜ2024年にこの言葉がマーケティング業界で注目されているのかを考えてみましょう。

イマーシブという言葉、聞いたことない人も多いと思いますがm
できるだけ分かりやすく解説してみます。

 

イマーシブとは?

イマーシブ(immersive)は、「没入型」や「包括的」といった意味を持つ言葉です。

マーケティングの世界では、
『消費者がブランドや製品の世界に深く没入し、五感をフルに活用して体験すること』と考えればいいでしょう。

例えば、VR(仮想現実)を使った体験や、インタラクティブな展示がイマーシブ体験の一例となります。

なぜイマーシブが2024年の注目キーワードなのか?

では、なぜイマーシブが今注目されているのでしょうか?

その理由は、技術の進化による生活者の変化にあると思われます。

デジタル技術、特にAR(拡張現実)、VR、AI(人工知能)が進化するにつれ、
生活者は、よりリアルで没入感のある体験を経験することが可能になりました。

そうなると、生活者は、もはや単なる製品やサービスを求めているのではなく、
その製品やサービスを通じての特別な体験を求めるようになります。

実は、2023年以降、私たちはこのトレンドが加速するのを目の当たりにしています。

パンデミックを経験した世界は、リアルとバーチャルの境界を曖昧にし、
人々がオンラインとオフラインの体験をシームレスに融合させる新しい方法を模索しはじめています。

 

イマーシブ体験の事例とその活用法

イマーシブの技術は、
消費者にとって忘れがたい体験を作り出し、
ブランドのメッセージをより深く心に刻み込むための強力なツールとお伝えしました。

次に、広告業界の人がが取り組むべき具体的な内容を考えてみましょう。

 

事例1: 仮想現実イベント

ある自動車メーカーが新モデルの発表会をVRで開催するとしましょう。
参加者はVRヘッドセットを通して仮想の展示ホールを歩き、新車を360度自分の好きな方向やタイミングで見渡すことができます。
実際に運転を体験したり、車内に座ってみたり、カスタマイズオプションを試したりすることも可能です。

活用法:

  • イベント前のプロモーション
    SNSやウェブサイトでイベントを告知し、事前登録を促します。
    参加者にはVRヘッドセットを貸し出すか、スマートフォン用のVRビューアーを提供することで、アクセスのハードルを下げます。
  • 没入感のあるコンテンツ
    車のデザインや機能を紹介するショートフィルムやインタラクティブな体験を組み込むことで、
    参加者が製品に対して感情的な結びつきを持つようにします。
  • フィードバックの収集
    イベント中や後にアンケートやフィードバックツールを活用し、参加者の意見を収集します。
    これにより、顧客のニーズを理解し、将来のマーケティング戦略に反映させます。

 

事例2: 拡張現実を活用した看板広告

街中の屋外広告で、
スマートフォンをかざすと動画が再生されるAR体験を提供するとします。

例えば、化粧品ブランドが新製品の看板広告にARを組み込み、
スマートフォンをかざすとモデルがその化粧品を使っている様子が浮かび上がるというものです。

活用法:

  • インタラクティブな要素の追加
    消費者がスマートフォンを使って看板と対話することで、通常の広告よりも記憶に残りやすくなります。
    また、消費者が自分のSNSで体験を共有することを促し、口コミ効果を狙います。
  • 限定オファーやクーポンの提供
    AR体験を通じて限定オファーや割引クーポンを提供することで、即時の行動を促します。
    これにより、広告からの直接的なコンバージョンを増やすことができます。
    リアル店舗との連動も可能です。
    リテールメディアとの連動もいいでしょう。
  • データの収集と分析
    参加者のデータを収集し、どの看板が最も注目を集めたか、どの時間帯に最も反応があったかなどを分析します。
    この情報は、将来のキャンペーンでのターゲティングや新たな屋外広告の選定に役立ちます。

これらの事例は、イマーシブ体験がどのようにしてブランドと消費者の間に強い結びつきを作り出し、
記憶に残る体験を提供できるか。の参考になると思います。

広告業界の人は、このような方法を取り入れることで、
生活者に対する新しい方法でアプローチし、ブランド価値を高めることができる可能性が広がります。

また、イマーシブ体験をソーシャルメディアキャンペーンに組み込み、
消費者が自分の体験を簡単に共有できるようにすることも重要でしょう。

その結果、ブランドの可視性が高まり、口コミ効果が促進されます。

 

まとめ

イマーシブは、2024年以降もマーケティングで大きな役割が期待されます。

この新しいアプローチを採用することで、ブランドは顧客との関係で新たな取り組みができるようになるでしょう。

 

関連記事

  1. トレードマーケティングの基本:広告業界向けガイド

  2. よくあるマーケティング課題とその解決策まとめ

  3. テレビCMの未来か? 日本テレビの革新的な取り組みとその影響

  4. エスキモーに氷を売るマーケティングの秘訣

  5. ミレニアル世代とZ世代へのマーケティング

  6. グリーン広告とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP