“広告代理店の労働環境: ブラックなのか?”

ブラック企業とは、『従業員を過度に労働させ、長時間労働やパワハラなど、労働環境が悪い企業』のことを指します。

一部の広告代理店がブラック企業として指摘されることもありますが、全ての広告代理店がブラックとは限りません。
しかし、広告代理店の業界全体として見ると、その労働環境は厳しいと言えるでしょう。

広告代理店 ブラック

この記事では、広告代理店がブラックとされる理由について、
2つの視点から考察します。

 

“ブラックか否か?広告代理店のリアルな現場”

“広告代理店がブラック”と言われる所以は上記2つの視点が必要です。

  1. 広告代理店という仕事上の立場から
  2. 広告という仕事の内容から

 

広告代理店という仕事上の立場からのブラック性

広告代理店の立場は非常に弱いと言えます。

広告代理店は、クライアント(広告主)の要望に応じて広告活動をプランニングし、実行します。
そのため、クライアントの要望を最優先し、時には長時間労働や休日出勤を強いられることがあります。

クライアント側からは、「広告代理店は私たちの言うことを何でも聞く」という意識が強いと言えるでしょう。
そのため、広告代理店側はクライアントの期待に応えるために、長時間労働や休日出勤を強いられることがあります。

 

 

また、広告代理店はクライアントの広告効果を測定し、報告することも求められます。

このような作業は、
クライアント側の担当者が時間内に終えられなかった場合、広告代理店に依頼が来ることが多く、
ギリギリの依頼により徹夜に近い作業が発生することもあります。

広告の仕事からのブラック性

広告業界は多くの関係者が関わるビジネスです。
広告代理店の営業だけでなく、広告媒体を扱う媒体社(テレビ局や雑誌社)、
社内及び社外のクリエイティブを担当するデザイナー、カメラマン、コピーライターなどが関与します。

これら多くの職種の方々が参加することで、広告のプロジェクトは複雑性を増し、
その結果、作業時間が増大することがあります。

また、各業界の職種の働き方は異なり、例えばデザイナーやカメラマンは夕方から働くことが一般的です。
しかし、広告主は通常の企業勤務時間を持つため、両者の調整役となる広告代理店は、結果的に長時間労働を強いられることがあります。

特にプレゼンテーション前には徹夜をすることが美談とされる風潮が残っているため、
労働環境は他の業種よりも厳しくなることがあります。

また、大手広告代理店では「体育会系」の風潮が根強く、上司のパワハラ発言が日常的に行われることもあります。
パワハラに関する教育制度が整っていない業界でもあります。

さらに、広告業界全体の経済的な厳しさから、残業代やタクシー代などが大幅にカットされる傾向があり、
これがブラック企業のイメージを強めています。

電通など一部の広告代理店では、定時後に電気を消すなどの働き方改革を進めていますが、
それでも仕事の量は変わらず、各個人が何らかの方法で仕事をこなす必要があります。

広告代理店は“ブラックか”まとめ

結論として、広告代理店全体がブラック企業とは言えませんが、
その業務内容や業界の風潮から、一部の広告代理店では過酷な労働環境が存在することは否めません。
これらの問題に対する解決策を模索し、広告業界全体の働き方改革が求められています。

追記

広告業界全体の働き方改革は、社会全体の問題ともなっています
。特に、広告代理店に対する「ブラック」のレッテルは、若者の広告業界への就職志向を下げる一因ともなっています。
これは広告業界にとっては深刻な問題であり、人材の確保と育成が難しくなっています。

しかし、全てがネガティブな面だけではありません。
厳しい労働環境の中で培われたクリエイティビティやチームワークは、広告業界が提供できる大きな価値の一つです。

さらに、広告代理店は企業のマーケティング戦略を立案し、それを実行する重要な役割を担っています。
これらの役割を果たすためには、高度な専門知識や経験が必要であり、
それを身につけることができれば、他の業界では得られない経験やスキルを得ることができます。

そのため、広告代理店で働くことは、自身のキャリアアップにも繋がります。
一方で、電通のような大手広告代理店で働くことを希望する場合は、その厳しい労働環境を理解し、覚悟を決める必要があります。

今後、広告業界全体が働き方改革を進め、労働環境を改善し、多様な人材が働きやすい環境を作ることが求められています。
そのためには、広告代理店自体が自己改革を進めるだけでなく、広告主側もその意識改革が必要となります。

広告代理店がブラックか否かは一概には言えませんが、
労働環境の改善に向けた取り組みが求められる一方で、広告業界での経験は自身のスキルアップに繋がることも理解しておくべきです。
それぞれの企業や職場の環境をしっかりと調査し、自身のキャリアプランに照らし合わせて選択することが大切です。