広告豆知識

注目のインタラクティブ・プロモーション:2024年版

デジタルメディアの進化は止まりません。
これに伴い『インタラクティブ・プロモーション』の市場も成長を続けています。

 

『注目のインタラクティブ・プロモーション』として、以前も記事をUPしましたが、
今回は、2023年版として、最新動向に焦点を当てながら、
インタラクティブ・プロモーションの基本から最新の成功事例までを解説します。

成長を遂げる『インタラクティブ・プロモーション』市場

デジタルメディアの進化は止まりません。
これに比例するように、インタラクティブ・プロモーションの市場も急速な成長を遂げています。

インタラクティブ・プロモーションとは?

インタラクティブ・プロモーションとは、
デジタルメディアを活用し、企業と消費者が双方向にコミュニケーションをとる活動です。

活用範囲は広く、音声、画像、テキスト、動画などが利用され、ユーザーに対して行動を促す形でメッセージを発信します。

2023年のインタラクティブ・プロモーションのトレンド

近年、ARなどの技術が進歩したことで様々なプロモーション実績が注目されるようになっています。

拡張現実(AR)を活用したプロモーション

IKEA Place

近年はAR技術を活用したインタラクティブ・プロモーションが飛躍的に増えてきています。
例えば、IKEAのARアプリ「IKEA Place」は非常に分かりやすい事例です。
ユーザーが自分の部屋に仮想的に家具を配置して見ることができるため、
購入前の不安を和らげ、購買意欲を高めることができます。

 

また、追加で、家具などを消し去る機能を搭載した 『IKEA Place』というアプリもリリースされ、
IKEAでは新しい技術の開発が繰り返されています。

L’Oréal Paris – Virtual Makeup Try-On

L’Oréal ParisはAR技術を活用して、消費者に化粧品のバーチャルトライオンを提供しています。

このサービスでは、スマートフォンやPC上で自分の顔をカメラに映し、
リアルタイムでさまざまな化粧品を試すことができます。

顧客は、自分に合った色やスタイルを見つける前に、実際に製品を購入することなく試すことができます。
これにより、顧客は自宅から簡単に新しい化粧品を試すことができるため、購入の決断がしやすくなります。

また、ドラッグストアも、拡張現実(AR)技術の活用に最適な場所です。
実際にマツモトキヨシやウェルシアでもプロモーションや顧客体験の向上に活用されていると言われています。

 

マツモトキヨシ – ARを活用した化粧品のバーチャルトライオン

マツモトキヨシは、拡張現実(AR)技術を活用して化粧品のバーチャルトライオンを提供しています。
店舗に設置された専用の端末を使用することで、消費者はさまざまな化粧品をリアルタイムで自分の顔に試すことができます。
これにより、顧客は製品を購入する前に、自分に合った色やスタイルを確認できるため、購買体験が向上します。

ウェルシア – ARを使用した店内ナビゲーションとプロモーション

ウェルシアでは、AR技術を使用して、店内のナビゲーションやプロモーションを提供しています。
顧客はスマートフォンアプリを通じて、店内を見ると、商品の位置やプロモーション情報がARで表示されます。
これにより、顧客は効率的に買い物を進め、必要な商品やお得なプロモーション情報を簡単に手に入れることができます。

消費者とのエンゲージメントを高め、購買体験を向上させる為、今後も多くの売場で進化していく分野となるでしょう。

メタバースとの組み合わせ

メタバースは仮想空間での社会や活動を指し、企業はこの新しい領域でブランド体験を提供しています。

例として、Nikeは「NikeLand」をローンチし、
仮想空間で独自のスニーカーやアパレルを展示、購入できるプロモーションを行っています。

また、街を再現し街中のショップや百貨店などを巻き込んだ展開も広がっていくでしょう。

チャットボットと自然言語処理(NLP)

チャットボットやNLP技術を活用することで、消費者とのコミュニケーションがより自然で効果的になっています。
例えば、H&Mはオンラインショッピングアシスタントを通じて、
ユーザーの質問に対して、洋服の提案やスタイリングアドバイスを行うプロモーションを展開しています。

データ分析を活用したパーソナライズされたプロモーション
データ分析を活用することで、消費者の好みや行動パターンを解析し、
それに基づいてパーソナライズされたコンテンツやプロモーションを提供する展開も広がるでしょう。
Spotifyは、利用者のリスニングデータを基に、おすすめのプレイリストや新曲を提示するなど、ユーザーエンゲージメントを高めています。

ソーシャルメディアでのライブストリーミング販売

中国で流行していたライブストリーミングによる販売が、世界中で普及しています。
インフルエンサーや企業がリアルタイムで商品を紹介し、消費者がその場で購入できる形式です。
この手法は、特に若い世代に人気で、消費者との直接的なコミュニケーションを可能にしています。
特に東南アジアでは、TikTokdでの販売が急増しています。

最新の成功事例

コカ・コーラのバーチャルバー

2023年、コカ・コーラはメタバース内に「コカ・コーラバーチャルバー」をオープンしました。
このバーチャル空間では、消費者が特別なコカ・コーラ製品を試すだけでなく、
友達とチャットしながらバーチャルなコカ・コーラを楽しむことができます。
このキャンペーンは、特にGenZとミレニアル層に大きな話題を呼びました。

インタラクティブ・プロモーションのまとめ

インタラクティブ・プロモーションは、デジタルメディアの進化により、その可能性がますます広がっています。
AR、メタバース、NLP、データ分析、ライブストリーミング、サステナビリティへの取り組みなど、
多くの新しい要素が組み合わされて、消費者とのエンゲージメントが深化しています。

これらの手法は、ブランドと消費者との間に新しいレベルの関係を築くための鍵となるはずです。

広告主および広告代理店の皆さんにとって、これらのトレンドに敏感でいることは不可欠です。
これらの手法を上手く組み合わせて使うことで、ターゲットとなる消費者に効果的にアピールし、ブランドの価値を高めることができます。

特に、オンラインとオフラインの境界が曖昧になっている現代において、
インタラクティブ・プロモーションが消費者の体験を豊かにし、企業とのつながりを強化する役割を果たす可能性が高いです。

今後は、さらなる技術革新に目を向けつつ、ユーザーセントリックなアプローチを取り入れ、
消費者が価値を感じ、参加したくなるようなインタラクティブ・プロモーションを展開していくことが求められるでしょう。

この市場は“ブルーオーシャン市場”です。

広告主や広告代理店としては、この波に乗り遅れないように、積極的に新しい手法を取り入れ、市場に革新をもたらしてください。

これからもインタラクティブ・プロモーション分野の進化に注視し、最新の情報や事例を共有していきますので、ぜひお付き合いください。

関連記事

  1. 2017年12月全国主要新聞発行部数

  2. 大型(街頭)ビジョン設置の考え方

  3. プロモーションメディアとは?日本の広告費の30%を占める存在の実態

  4. “広告vsPR!”あなたのビジネスに最適な戦略はどっち?

  5. “広告代理店ビジネスの仕組み:2024年度版:5つのコード…

  6. 2024年度版!インターネット広告の最新事情を解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP