広告の効果測定方法

新聞の広告効果測定方法

新聞広告の広告効果測定方法とは?

 

新聞広告に関するデータは、日本新聞協会のホームページに記載されています。
日本新聞協会
のホームページには、接触状況・閲読頻度・閲読時間・閲読する理由など様々なデータがあります。
新聞広告に関係する人は一度見ておくといいでしょう。

2023年度版の最新記事はこちらです。


新聞広告の注目率

新聞広告調査での注目率ポイントを抜粋しますと、

  • 情報が信頼できる:43.6%
  • ゆったりと広告が見れる:39.3%
  • 注意してみることが多い:31.5%
  • 読んだことが記憶に残る:31.8%
  • 企業の姿勢や考え方が伝わってくる:32.2%
  • 企業の社会貢献への取り組みが伝わってくる:30.4%

新聞広告の最大のメリットは『信頼感』です。
「新聞に掲載された」というのは今でも大きなステータスです。

その『信頼性の高い新聞に広告を掲出した』ということは読者に対する信頼感の獲得に貢献することができます。
新聞広告は掲載基準(審査基準)が未だに厳しいメディアですので、審査が降りた時点でそれなりの基準を満たしていることになります。

紙の新聞を見る方は、年配者が多く比較的じっくり見る傾向が多いと推測されます。
車などの高額商品、充分な検討が必要な保険や不動産などには最適な媒体です。

発行部数が減少していることを充分に理解した上であれば、広告として活用するのはよろしいかと思います。

 

新聞広告の効果減少率は?

では、発行部数の減少による広告効果減少率はどの程度でしょうか?
新聞社の発表では10年間で読者は1割の減少となっています。
つまり10年間で到達率は10%減少したということです。

しかし、実際は 「押し紙」の問題があり1割程度では到底すみません。

発行部数を信じて広告を掲載すると、発行部数に対しての広告効果の少なさに愕然とすることになります。
実際に『新聞広告って広告効果が無くなってきている』と言う広告主の方が増えていますが、これは誤解です。

広告効果が無くなってきているのではなく、発行部数が減っているというのが正解です。
平均して公表されている発行部数の50%程度の到達率だと認識して出稿をした方が無難です。

 

新聞広告の選び方

新聞は全国紙、地方紙、専門誌、業界紙、子供新聞など非常に種類が多くあります。
新聞に広告を掲出する場合は、どの新聞に掲出するのが効果的なのか?を充分に検討する必要があります。

ターゲットに合わせた新聞に掲出するか否かで効果は大きく異なります。

このサイトでは『新聞広告の効果的な選定方法』についても検証しています。
是非参考にしてください。

上記でも詳しく説明していますが、新聞の種類に関しては数が多く、紹介はできませんので、
下記新聞協会関連のサイトを参考にしてください。

 

日本新聞協会

 

日本専門新聞協会

 

また新聞以外のメディアの広告効果測定に関しては下記より参照ください。

雑誌広告の効果測定はこちらです。

 

ラジオ広告の効果測定はこちらです。

屋外広告の効果測定もご覧ください。

関連記事

  1. 2017年11月の新聞発行部数

  2. 全国紙はデジタル時代に生き残れる?現状と課題を探る

  3. 新聞社デジタル化への取り組み状況

  4. 押し紙(残紙)キャンペーンサイトがスタート!

  5. 新聞社の売上推移を10年間で検証しました!

  6. 新聞発行部数2019年12月度と対策!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP